2006年05月29日

自由主義とは?

英文の翻訳をしていると、日本語の定義に困ることがある。
今回それにぶち当たった。ふらふら

リベラリズム。この言葉を日本語に訳すと自由主義ということになる。
しかし、いくつかこの「自由」を使う思想には似ている言葉があって、
少し違うだけで全く違う意味になってしまう。
自由を求めるということを前提として、表現しているようだがその手法はまったく別だ。

例えば、

 自由主義(リベラリズム)・・・個人の自由で独立した選択を実質的に保障するためには、単に自由放任にするのではなく、そうした選択や自由を阻害する偏見や社会的、経済的強制を排除するなど公的な権力の介入も必要であるという社会的公正を思考する思想。市場主義では失業問題や貧困等の社会問題を解決できず、それは人々の社会的自由を阻害するということから、国家による富の再配分を肯定する。つまり、社会主義的ですね。

 古典的自由主義・・・個人の自由の尊重、平等な個人の観念、権力の分立、市場経済の承認といった価値観の思想自由市場経済において個人が自由競争すれば、需要と供給、社会は安定する。

 リバタリアニズム(自由至上主義)・・・各個人の自由を最大限尊重し、絶対的自由を損なう国家を廃止または最小限化することを主張する思想。経済的には市場原理に任せれば富の再配分が自動的に行われ、安定した社会ができる。(古典的自由主義ととても似ている)

 新自由主義・・・人々を労働へと駆り立てることを是とし、自由主義の富の再配分により人々の勤労意欲を出すということを否定している。(反自由主義、リベラリズム)

 アナルコ・キャピタリズム、アナーキズムなどほかにもいくつかあるが、それぞれ「自由」の実現のためということなのだろうが、これらの意味をしっかり理解しなくては、とんでもないことになりそうだ。


 また、アメリカ政治においての共和党のコンサバティブ民主党のリベラルリバタリアン党のリバタリズム。この3つもなかなか厄介だ。

私の考えでは、コンサバティブは、経済面において新自由主義、古典的自由主義、リバタリアニズムな思想を持つ。リベラルは、経済面において自由主義だが、社会面においてはよりリバタリアン的。
つまり、
経済的自由を求めるのが、コンサバティブ。
社会的個人の自由を求めるのが、リベラル。
そのどちらの自由も求めるのが、リバタリアニズム。


日本が求める自由とはいったいなんでしょうか?


posted by ひろっき at 12:14| 千葉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

ホードー

昨晩日テレのニュースでこんなことを伝えていた。

中国国内のメディアの競争が過熱しているという。
各テレビ局では、最新ニュースを伝えようと事件や事故があると
現場にクルーを送り、他よりもいかにして数字を取るかを考えているようだった。

ところが中国には生放送というものはない。
収録を終えると、編集局長やら局長がチェックをし、
放送できない内容はカットする。
つまり、中国共産党の路線から離れるようなことは自主規制という形で
報道していないようだ。

共産党中央宣伝部というところがテレビやインターネットなどのメディアを監視し、統制を図っている。
なので中国内部で起こる共産党に背く事件は国内では報道されていない。
真実を伝えるのは国外のメディアのみらしい。

コメンテーターは「民主主義においては報道の自由が重要です」といっていたが、それはもちろんのことだ(中国は民主主義国か?)。


あれ?上の一部を除き「中国」を「日本」に代えたとしても
成り立つのではないか?
では、日本のメディアはそんなに真実を伝えているのだろうか・・・・
よくこんなことをニュースで流せたものだ。


日テレのアナウンサーの盗撮事件のように自分たちの路線から外れることを隠蔽するなんてやっていることは全く中国と同じではないかな?これこそ「名は体を表さない」ってことかな?


話は変わり、7月のモートンブラックウェル来日のための同時通訳を探している。いくつか見積もりをいただくのだが、料金がピンきりで基準というものがよくわからない。あと1ヶ月ちょいしかないので急ぎたいところもあるが急げないところもあってすこしデッドロックです。
posted by ひろっき at 17:37| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

北朝鮮へ

訪韓している「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」の
横田滋代表(73)らは15日、
ソウル市内で脱北者が運営する北朝鮮向けラジオ局
「自由北韓放送」を訪れ、
横田めぐみさんら拉致被害者の帰還を北朝鮮に訴える
ラジオ番組を収録した。

日本国内でも特定失踪者問題調査会が北朝鮮向け
短波放送として「しおかぜ」を開局していたが、
北朝鮮からの妨害電波(ジャミング)によりそれが
滞ってしまっている。
(何らかの危機感があるのだろう)

私のアトラスつながりの知り合いである
「開かれた北韓放送」(自由北韓放送とほぼ同じ活動をする)
の責任者のYoung Howardは、
「海外のラジオを聞いている人は1%(約20万人)もいるんだ。
同じ民族として北朝鮮人の人権を守るために
私たちは活動を続けていく」といっていた。
http://www.dailynk.com/english/read.php?cataId=nk01100&num=548

それにしても海外の放送を聴くのはもちろん違法だが
そこまでしても他国にアンテナを張る彼らは、
いったい自分の国(北朝鮮)をどう思っているのだろうか?

また、ロシア、中国からのラジオの大量持込。そして、
アメリカ側も北朝鮮にラジオを送り込むという計画があったらしい
(今はどうなっているか知りませんが)。


市民主体のラジオ局がこれからの極東の平和をもたらすのだろうか?
彼らには当分目が離せそうにない。

ちなみに「自由北韓放送」と「開かれた北韓放送」は共同して北朝鮮に
このような放送を行っています。
posted by ひろっき at 11:45| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

法律の網目

アメリカからの講師を迎えるにあたって
彼らに日本の選挙法を知らせる必要がある。

アメリカのファンドレーズやキャンペーンの手法は
日本と比べかなり自由だ。

授業でも 「これをしろ!!」
とよく聞いていたが 「これはだめ!!」とはあまり聞かなかった。

アメリカの手法を日本にそのまま当てはめることはできない。

アメリカのテクニックを盛り込み、且つ法律の網を抜けてできるものを
探さなくてはならない。

今日は某所にて公職選挙法と政治資金規正法の話を聞きに行った。
それにしてもなんとAmbiguousな法律だろうか。たらーっ(汗)
posted by ひろっき at 19:16| 千葉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

事務局日記開始

今日からリーダーシップ研究所事務局日記として
またブログを再開することにする。目

アメリカのLeadership Instituteにいるころは、毎日ブログを書いていた。
それが日課となっていたため日本に帰ってきてまた書き始めるのは
何か懐かしい感じがする。
(まだ帰ってきて一ヶ月もたっていませんが・・・)

明日、日曜日の講義に向けてとある就職企業合同説明会の会場に行き
ビラ配りを敢行する。
手(パー)
さて結果はどうなるだろうか
posted by ひろっき at 00:27| ワシントンDC 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。