2006年01月31日

画像です。なんか内容バラバラですが

DSC00653.JPGマイルーム始祖鳥シヴァ神マイデスク


posted by ひろっき at 14:19| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

初休み

1月29日、朝9時に起きる。晴れ
いつもよりかなり遅い起床だ。
それは今日が休みだからだ〜。
やっと待ち望んだこの日が来た。
一週間まだかまだかとこの日を待っていた。


 私の趣味は美術館、博物館(特に歴史の)に行くことである。
かなり前、美術館に当時お付き合いしていた彼女と行ったことがあった。
そのときにやっていたのがローマに関するものだった。
自分ひとりで彼女をほおっておいて見入ってしまっていたほど
であった。

 その始まりは19のときに行ったスペインのプラド美術館。
そのすばらしい作品の数々に圧倒され一日中そこにいた。
そして、いつしか世界中の美術館、博物館に行くことを夢見ていた。
実際に大学を卒業してしまうと行く機会もお金もなく
もうその夢はかなわないものだと思っていた。
しかしながら今回D.Cに行くことになりそのひとつの夢が現実になった。
スミソニアンである。ビル

 スミソニアンに展示されているものは幅広い。宇宙に関するものから
恐竜の化石まで(その二つしか行っていないのでとりあえず)あるが、
幅広さだけでなくその内容にも驚く。日本のそれの比ではない。
国会議事堂の周りにあり、その外観もすばらしい。
すばらしい。まったくすばらしい。写真も自由にとってもいいし。
説明を聞くより実際にいってみてもらうのをお勧めします。
たとえ高い飛行機代を出してもその価値はありますよ。
入場料無料ですしね。 無料

 今日から新しいルームメートが来た。名前は、忘れた・・・。
ヘリテージ財団にインターンで来ていて、その後LIに来たとのこと。
感じからすると典型的ないじめっ子キャラ的存在。パンチ
体がでかく目つきが悪く人を近寄らせない雰囲気をかもし出している。
いったいどんな人間なのかこれからが楽しみである。

 明日からまた仕事だ。←当たり前だ。
今週はいろいろとやることが詰まっているので
大変になると思うが
がんばろう。   グッド(上向き矢印)
posted by ひろっき at 13:42| ワシントンDC ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文章

 インターン一週間が終わり、今日は休日・・・ではない。
今日は8:00から17:00までWritingのクラスがある。
いつもより少し早く起き、LIにむかう。
ほかの人は休みであるが、Core schools(私の所属する部署)
はクラスがあるので出勤なのである。
講義の前後に少し手伝いをし、
講義に出席させてもらった。
このクラスは、二人の講師が教える。
一人は文章の構成の仕方、文法などを、
もう1人はCapital hillでのE-mailを含めた手紙の出し方などを。

 このブログを読んで下さっている方はお分かりだと思うが、
私は文章を書くのが苦手である。
受験や就職活動で作文というものがあるとそれだけで
「もうだめだ」という気になる。
日本語でも苦手なのにそれが英語でなんて・・・と思いながら講義に出る。
やっぱりだ
難しいがく〜(落胆した顔)
たとえば「受動態を能動態に変えなさい」
というのがあった。
普通にbe動詞を取り、byの後を主語に・・・。ひらめき
しかし間違えてしまった。何でだよ・・・と思うのだが
聞く間もなく当たり前のように進んでいく。
展開が速すぎてついていけない。
講師を見送りに行く際二人になるときがあり
思い切って聞いてみた。
答えは「あれは君たちには難しいとおもうよ」もうやだ〜(悲しい顔)


今日は朝からずっと悩みっぱなしの一日でした。
posted by ひろっき at 12:08| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

久々のビール

今日のスタジオのクラスは少し違う。
ディベートのクラスだが
参加者は限定された人で
なぜか60くらいの人ばかり。
計4人でどこかの教授といった感じだ。
テレビでのディベート対策である。
賛成と反対に別れ進行係も交えて討論していく。
その中でビデオで録画したり、
指示に従ってお手伝いするのが今回の役目だ。
討論を録画して後にみんなで検証するのだが
録画用のカセットを間違えて授業用のでやってしまった。
つまり授業で使うものの上にとってしまったのだ。
結果途中のところで討論の映像が入ってしまい、
そのビデオが台無しに。。。
 いいよ気にするなと言ってくれたけど気になってしかたない。
ので謝罪のメールをした。
だめだめな俺です。


 今日は金曜日明日から休みだ。
(明日授業を聴講しに行きますが)最近お酒を飲んでいない。
インターン生を誘う。
誰も行かない。
1人で行く。
ビール三杯で帰ってくる。

 家に帰ると新しいインターン生が3人着ていた。
おっさんおばさん姉ちゃんといった感じでした。
平均年齢がぐっと上がった。・・・・・


読み返すととても変なブログですね。
  ほろ酔い気分でのブログは日本語が変になりますね。
今日は早めに就寝します。
posted by ひろっき at 13:17| ワシントンDC ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

Out of place

今日はLIについてからずっとGrad Pack(卒業証書など)を作っていた。
この仕事、意外と大変。間違わないように
Registrationシートをよく見ながら記入するが、
明らかに読めないものがたくさんある。
ヨーロッパのどこそこの国の文字はIllegibleです。新月
例えばeの上に靴�ついてたりして、
おもわず「なんだ?」と思うものばかり。天秤座蠍座
だいたい住所に数字がないなんてこともある。
ほんとに届くのかと疑いながらもやっていく。

LIは社内でのメールのやり取りが盛んである。
30分も時間を空けていると誰かからメールが回ってくる。
もちろん仕事のメールも来るのだが、
そのほとんどがどうでもいいメール。
たとえばブッシュがこんなおかしなことをいってただとか、
面白い写真だったりとかその内容もさまざまです。

受講生の残り物でお昼を済ましデスクに戻ってみるとこんなメールが入っていた。
「今日の6時から9時にAFFの毎月恒例ハッピーアワー」と。
送り主を見てみると違う部署のEmilyからで
Popeという人から回ってきたらしい。
Pope?だれだ?友達か?
よくみるとChief of staff of ATRと書いてある。
おお〜まじでか〜。HPを見てまたびっくり。http://www.americasfuture.org
即行くことにして誰かを誘おうとIntern生にメールを送った・・
・・が結局誰も行く人が現れず1人で行くことにした。
場所はワシントン中心街のあるバー。
看板はなく周りから見てもそれだとはわからない建物で周りは少し怪しい雰囲気。
早速中に入り、3階に上り奥の部屋に行く。
そこは普通のバー。バーです。何の変哲もない普通のバー。バー
あれ?
予想していたのとぜんぜん違う。
もっと人がいて、立って話しているものかと思っていたが、
それぞれがグループになって話をしていて入っていけない。
なんか違う。
何度か自分は慣れているぞーという感じを出しながら中でうろうろしていたが
やっぱり何か場違いな感じがする・・・・・・・帰ろう・・・
・・・今度は誰か必ず行くひと見つけよう。

帰りの道のり久々にじっくり空を見た。
目の前にオリオン座が光り、意外と小さな星まで見えた。ぴかぴか(新しい)
こんなに星を見たのはオレゴンにいたころ以来かもしれない。
そのときはもうここには当分来ないだろうと見ていたのに
その4ヵ月後にはまた来ている(反対側だけど)。

今まで私は自分の予想を裏切る人生を歩んでいる。
同じ目標を持って突き進むのもいいかもしれないが、
臨機応変に自分の進むべき道を変えるのも
またひとつの道なのだと私は思う。目


posted by ひろっき at 12:07| ワシントンDC ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

ブルーシート

午前中青い紙が何枚も挟まった冊子を何冊か手渡された。
その紙は通称ブルーシート(そのままですが)といわれ、
授業を受けた人たちがそこに自分の情報を書き込み登録するのだ。
先月の授業5回分を渡され彼らの情報をPCに書き込んでいく。
中は住所や電話番号、会社名、大学名など。
ここの授業には世界中からの人が来ている。
ゆえにそのブルーシートの中はmultinationalである。
アルファベットなのか数字なのかわからないものまであって
それだけでも骨が折れる仕事である。
 登録するひとつの理由に卒業した人に証明書等
を送るということがある。
LIの授業に出た方はお分かりだろうが、
授業に出てから何日かたつと卒業証明書と一緒に
いろいろな書類が送られてくる。
Mortonの手紙、生徒名簿、教師名簿、予定表など・・。
私はそれを今作っている。目
ここのインターンはかなり実践的なことをさせてくれる。
アメリカのインターンではコピーやファックスが中心らしい
(インターン生曰く)が、こんなことをインターン生、
しかもインターナショナルインターンにさせていいものなのだろうか。
そんなことを考えながら今日の仕事が終わった。
といっても結局PCに情報を書き込むだけだったが・・・・・
 昨日グローバー・ノーキストにメールをしてみた。メール
今日返事があり、来週のWednesday Meetingの招待を受けた。
Bossに聞いてみて少し時間をもらおうと思う。
本場の水曜会。楽しみだ。わーい(嬉しい顔)
posted by ひろっき at 10:31| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

カメラワーク

今日は2日目。
午前にパソコンの説明があった。
自分のメールアドレス(Hfukuda@limail.us)をもらい、
LI内のイントラネットの登録を済ませた。
このイントラネットは面白い。
日本にいたときに働いていた会社は小さかったからなのだろうか
会社内の連絡は電話での連絡がほとんどであった。
しかしここでは会社内の状況が容易にわかる。
今授業に出ているとか、ランチにいっているとか。
まあそのたびに伝えなければならないので逆に言うと面倒くさいといったら面倒くさい。
注目すべきは誰でもここから社内情報を得ることができる。
ノートンの携帯電話番号から今までにいた全生徒の情報など
その内容は膨大。

隣に座る18歳のインターン生なんてそこから、
大学キャンペーンをしているところにコンタクトして会う機会を作ろうとしていた。
この情報自体かなりの価値がある・・・ぴかぴか(新しい)

LIの授業のひとつにテレビに出てインタビューやコメント
をする人のためのプログラムがある。カラオケ
スタジオの中でアナウンサーに扮した講師と生徒たちが
実際の状況と同じように撮影、そしてそれについて解説していく。
私はそれのアシスタントをやることになっていた。
アシスタントといっても人がいないので
カメラワークとマイク付けなどは1人でしなければならない。
イヤホンをして上からの指示で動く。映画

大変だ。

生徒はチリ、ドイツ、カナダ、フランスなどいろいろな国から来ていた。
なぜかアシスタントとしてみんなの前で少し紹介された。
生徒と言ってもそれぞれの道の専門家という感じで
同性愛の話から政府の話までその内容はさまざま。
だから聞いていて面白い。

今日は何かとばたばた。

疲れ○あせあせ(飛び散る汗)
posted by ひろっき at 10:04| ワシントンDC ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

初日

D.Cについて空港に来ていたBeckyと会う。
その後インターンハウスに行き
みんなの自己紹介、そして部屋の案内。
時間はもう10時過ぎ。
旅の疲れからか今日は早めに就寝しよう。
といってもみんな早く寝るらしいので
それにあわせてねる・・・

初日
LIの出勤時間は9:00
徒歩で10分と近くにあるので
8:50にみんなでいくことにした。
町は特に住宅街というわけでもなく
またオフィス街というものでもない。
その間という感じ。

LIについてまずはそれぞれの部署の
紹介から始まった。1階から5階まで
かなりの人がいて名前なんてじぇんじぇん覚えられません。
この案内で気づいたことが2つ。

まず1つが
現段階でインターンに来ている5人のうち
私以外の人は何らかの形で以前から
関わっていたようだ。
チリからのインターン生は
以前授業に参加したらしく、
また、ほかの3人は学生運動家としてきていたらしい。
 (LIでは全米の学生運動家たちを支援している。
  テクニック的なこともあれば資金的なことまで。)

学生運動家として活動している人材を教育。
      ↓
LIにお手伝い的なことを体験させる。
      ↓
その中で優秀な人材をインターンとして採用
      ↓
またその中でLIの職員を採用。

こんな流れになっているのではないだろうか。
現にインターン担当のBeckyもフロリダの
学生運動家であり、同じような流れでLIに入っている。

2つめは、やけに女性が多い。
男性職員に比べ女性職員が多い。(きれいな人が多い)
確かにインターンにきている5人のうち男は2人だけ
女性のリーダーがこれからの時代に必要なのでしょうか?
わからないが、職場の雰囲気がいいので良し!!

案内されている途中、エレベーターを降りたときに
白髪の老人が通り過ぎた。Mortonでした。
急がしそうで話す時間はそれほどなかったのですが、
「君は初めての日本人だぞ」と言われました。
ちゃんとわかっていらしたのですね。
よかった。わーい(嬉しい顔)

私が配属になった部署はCore Schools 。。
全米35の大学に学生運動のノウハウや
テクニックなどを教えに行く活動で、
同じく入った18歳のインターン生もその
過程をすでに踏んでいる人でした。
なので彼女はかなり知っていていろいろなことを聞きました。
18歳のわりにかなりしっかりしている。
日本のそこらへんにいる18歳とはわけがちがう。

Core schools の資料を見ているとBeckyがほかの資料も持ってきた。
インターン内でのディスカッションに使うと言ってかなりの量の資料を。。。
日本で見ていたものもあったがほとんどが新しいもの。
これを全部読むのは大変です。
でも読まなくては。。。

明日はStudio部門にお手伝いに行きます。
インターナショナルインターン生にとっては
おもしろいといっていました。
楽しみです。

これから3ヶ月間 Do my bestでやっていきます。パンチ
posted by ひろっき at 21:55| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ああ 環境

もうやだ〜(悲しい顔)ここのワイヤレス環境はよくない。
書き込みしていても途中で送れなくなる。
今さっき1時間をかけてかなり長い大作
を作っていたが
きえてしまった。
もういや!!!
3回目です。
たらーっ(汗)
posted by ひろっき at 21:02| ワシントンDC ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

出発当日 その2

ダラス到着
入国審査のためまた長い列に並んだ。
自分の順番が来て質問が始まった。
目的は?・・・勉強です。
期間は?・・・3ヶ月以内です
大学か?・・・ノー
場所は?・・・バージニアです
証明できるか?・・・資料を見せる



別室に通された。
資料を見ながらPCでなにやらパチパチ
また同じような質問攻め。。。ふらふら
どうやら証明されたらしくやっとのことで
入国審査パス。ぴかぴか(新しい)

その後、国内線のチェックインをして
代わりのチケットをもらった
みて見ると1607とかいてあった。
おいおい今15:30じゃないかい?
これでいいのかと聞いても問題ないといっていた。

私は全力でゲートまで走った。
長いエスカレータでもこれまた走った。
汗だくになりまわりの人に見られても
それでも走った。
ゲートに着いた。
誰もいない・・・・・しまった行ってしまった。
・・・・
と思った。
掲示板を見てみると
1607便 17:07発と・・・見間違えでよかった

少し搭乗まで時間があったので食事をした。
マックで。
実は日本でも時間が会ったので食べに行っていた。
食べ比べです。  ん?
世界どこで食べても同じ味と謳っているのに(フリーター
時代に働いていたことがあったので)味が違う。
日本で食べたほうがおいしかった。
やはり日本風にアレンジされているのでしょうか?

そして飛行機遅れの件も電話で伝え
ピックアップの時間を代えてもらった。

ダラスからワシントンまでの飛行機の中
一番後ろに座って・・・・・・
その後の記憶がありません。
座ってすぐ眠ってしてしまい
気づいたら隣の人に起こされた
その間離陸も着陸も
機内サービスも何の記憶もない
ただ首が異常に痛かった・・・寝違えですね。

結局、ワシントンに着いたのは夜の9時。
予定時間は3時だったので約6時間の遅れ。

参った。たらーっ(汗)
posted by ひろっき at 21:41| ワシントンDC ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出発当日 その1

1月21日。外は雪。時差ぼけが少ないようにその日は、眠らずに起きていた。眠い(睡眠)
8:30分に事務所前に集合し、そこから電車で空港まで向かおうと思っていたが
昨日の雪のせいで当初予定していた車での出発ができなかった。

首都圏を中心に大雪を降らせ、町の対応はその遅さを露呈していた。雪

 空港につくやいなやその人の多さに驚く。チェックイン2時間以上前に着き
長い列の後ろに並んだ。
早いとは思ったが念には念を・・・・しかし、いくら待ってもチェックインカウンター
にはつかない。2時間以上待ち(つまり出発時間をすぎていた)やっと自分の番になった。予想通り飛行機は遅れるとのこと。
2時間遅れの15:00と表示され無事チェックインを済ませる。

中に入るとビックリ!!通路の両側には、人が寝転んだり座っていた。まるでそれはどこかの
被災地の体育館といった感じ。

その後空港から飛行機まで行く間も待たされた。。。
リムジンバスの運行がうまくいかないようで
係員が部下(たぶん)に怒っている姿があった。
いらいらしている乗客にとってまたその
出来事が気に障ったのか、乗客が係員に怒りだした。

『いい加減にしてくれ!!』ちっ(怒った顔)

結局リムジンバスで飛行機に乗ったのは16:00過ぎ...
また遅れた。。。この時点でトランジットはうまくいかない...
ダラスに着いたら相手方に連絡せねば(出迎えに来てくれるから)。
 しかし実際は、飛行機でまたまた待たされて出発は、18:30
ここまで遅れるともうあきれて逆に落ち着いてくるフリーダイヤル

そんな日本出発でした。

posted by ひろっき at 14:35| ワシントンDC ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

出発前日

これから3ヶ月間インターンとしてLeadership Institute
に行くことになったひろっきです。わーい(嬉しい顔)
日本にいる方々にアメリカのLeadership Instituteが
どんな状況で、これから自分が体験することが
どのようなものなのかブログという形で記していきたいと思います。

まずはじめに自己紹介から
私ひろっきは大学を卒業し
何とか就職をすることができました。
しかしながら、どうもその実際の仕事と上司の方との関係に
うまくいかず、わずか数ヶ月で退職しました。
その後フリーターとなりバイトを転々として
しがない生活を送っていました。 
第二新卒の採用にしても
自分の理想や待遇から考えると
すぐ就職しようという気にはなりませんでした。
これからどうすればいいのか・・・?

そして私は自分の将来のビジョンを広げるため
アメリカに行くことを決意しました。ひらめき
語学はもとより、外国で勉強することによって
何か自分を変えられるのではないかと思ったのです。

一年間アメリカで過ごし、多くの人と出会いました。
自分と同じような境遇の人や
それ以上に大変そうなひと。
年齢も18歳から50歳くらいのひとまで
幅広い層の人たちと時間をすごすことができました。
国籍や年齢の枠を超えた関係を築くことができ、
大変勉強になりました。
そして自分の悩んでいたことがとてもちっぽけに思える
ようになったのです。

私はこの留学生活の中である人物と会うことができました。
その方は20年もの議員経験がある人で
今までの生活の中で会うような存在の人ではありませんでした。
彼と同じ学校に通い、飲みに行ったり、旅行までする仲になり
いままで議員に持っていたイメージが変わりました。
わずか一ヵ月半のことでしたがとても楽しいひと時を過させていただきました。

その方のお名前は田中 甲。元衆議院議員。民主党立ち上げのメンバーであり
尊敬できるお人。信念を持っており、まさに「こう!と決めたら田中 甲」という
キャッチフレーズがあてはまる方でした。

日本に帰国して仕事探しに奮闘していた10月。
彼から「アメリカにインターンに行ってみないか」というお誘いを受けました。
それがLeadership Institute でした。ビル
初めのころは、その任務の大きさに押しつぶされ、何度となくお断り
したことを覚えています。
しかし、この機会を逃すはこの先後悔する。パンチ
やってだめならば良いがやる前にだめだということは言ってはならない。パンチ
と思いその試験を受けることになりました。
電話での面接でかなりおかしな答えを言ってしまい
これはだめだと思っていたのですが・・・結局 通ることができました。
ちなみにインターンで行く日本人は私が初めてとのことです。

そしてそれから約3ヶ月間、勉強をかねて千葉の行徳に住むことになりました。
JTRの水曜会や議員会館での勉強会に参加させていただき
自分の知識のなさを痛感したとともにとても勉強になりました。がく〜(落胆した顔)


JTR会長内山さんや吉田先生など多くの方々にお世話になったこと感謝しております。
できの悪い私ですが最後?まで面倒見ていただいてありがとうございました。
アメリカでは自分なりにベストを尽くす思いで行って参ります。
これからもよろしくどうぞお願いします。

最後になりましたが田中甲さん。そしてご家族の方々
本当にお世話になりました。ありがとうございます。

なんかブログっぽくないですね・・・・・・・
では、行ってきます。飛行機





posted by ひろっき at 19:22| ワシントンDC ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。